FC2ブログ
 
■プロフィール

nekokan

Author:nekokan
30代♀です
同居人♂と共働き
休日はもっぱらテニス!

猫:メイ
  2006.5.2生
 (バーマン♀チョコレートポイント)
  

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター
■リンク☆お気に入りブログ
■フリーエリア
■最近のトラックバック
■ブロとも申請フォーム
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
イギリス旅行2日目 ~エジンバラ~
◎旅程◎
8月12日 成田→ロンドン(ヒースロー)→エジンバラ
8月13日 エジンバラ
8月14日 エジンバラ→湖水地方
8月15日 湖水地方→リバプール
8月16日 リバプール
8月17日 リバプール→コッツウォルズ
8月18日 コッツウォルズ→ロンドン
8月19日 ロンドン(ウィンブルドン)→帰国(8月20日)

****
この日は1日エジンバラ観光。

旅行の楽しみの一つ、ホテルの朝食です♪

Scotland090813 006

スコティッシュブレックファストと書いてあったけどイングリッシュと変わらない、かな?
卵の調理方法とソーセージ、ベーコン、マッシュルーム(Shitakeと書いてあった!)、
ベイクドトマトの中から好きなものを選んで注文できた。
当然?!全部にしてもらい、大満足。ハーブがきいてるソーセージが旨かったー♪


Scotland090813 013
          ↑黒いのがソーセージと焼けたシイタケ



ホテル周りを散策。
Scotland090813 016



ここはエジンバラ大学の広い構内の一角にだったようで、
ちょっと歩くとそこは大学だった。

インフォメーションでバス乗り場などを(ダンナが)聞き、
普通のバスで街までレッツゴー♪♪
簡単にタクシーを使っちゃうより、市民の生活を少しでも味わってみるのも
また面白い。もちろん節約のためもあるけど。


2人で7£だったか、払うと24時間以内なら何度でも乗車できる。
長~いペラペラの紙のチケットをくれた。
IMG_0510.jpg
普通のバスも2階建て。さすがイギリス↑ここから上がってくる。(写真は2階です。)




そしてこちらが観光バスのほう。2階はオープンになっている。

IMG_0520.jpg

こちらも24時間乗り降り自由。いくらだったかな。。

IMG_0534.jpg
バスの壁にヘッドフォンをさすところがあって、各言語のガイドが聞こえる。

Edinburgh 021



まずはバスで景色を楽しみつつ
Edinburgh 020



向かった先はエジンバラ城。

エジンバラ城の近くに世界一有名な犬といわれるボビーの像が!
Edinburgh 024

テレビで見たことあったので、こんなところにちょこんと像があってびっくり。
バスの中からみただけなので、残念ながら後ろ姿。

イギリス版、ハチ公です。




さてエジンバラ城。
入場券を買うのに、20~30分ほど並んだ。

↓こちらはクラウンルームの見学のため並んでます。

IMG_0550.jpg


↓お城の中で一番古く12世紀に建てられたというセントマーガレット教会。
とても小さな建物。戦時中は弾薬庫にしていたとか。
Edinburgh 038



スコットランド版三種の神器と
スクーンの石の展示されていた
クラウン・ルームを見学。

実はこれを書きながら、、、エジンバラ城の記憶がすでに曖昧になってることに
気づいた。。エジンバラ城のあとにホリールード宮殿も見学したので、城内の様子が
どちらのものだったか・・・すっかり混じってしまった・・
メアリーの秘書リッチオが殺害されたのは、ホリールード宮殿の方だったよね。。

今ネットで他の人の旅行記などを見てみたら、どうも見落としがあったようだ。
オーディオガイドで日本語の説明を聞きながら歩いた割には、印象に残らないはずだわ

Edinburgh 032


市街を見渡せる景色はよかった。


さて、そろそろ昼ごはんといきたいところだったけれど、
何しろすごい人。お店も満席。
Edinburgh 048




ということでまた観光バスに乗り、向かった先がホリールード宮殿。

Edinburgh 055


Edinburgh 054


現在もイギリス王室がスコットランドを訪れる際には使用しているそうだ。

ロイヤルダイニングルームも展示されていたが、本当にここを使っているのか
疑問なほど、普通のテーブルと椅子だった。

スコットランド女王メアリーの寝室や応接部屋のようなところを見学。
薄暗くて、ベッドカバー類は修繕が施してあるらしいがあまり豪華な感じもせず、
ベッドも小さいし、あまり王女が使っていたとは思えなかった・・・


宮殿内のカフェでとりあえず食事。すでに3時近かった

Edinburgh 053




それからカールトンヒルへ。
Edinburgh 074



↑ ここに登るのにちょっと苦労していたら、さっと男の人が手を貸してくれた。
なんて親切
他にも登れない人を上から手を貸したりして、手伝い合ってた

ここはいつできたんでしょうかねー。ガイドブックをみても書いてない。
予算の都合で建設途中でやめてしまってそのままになってるということだ。


Edinburgh 077
そろそろ夕方。
でもここから日暮れまでが本当に長かった。
9時ごろようやく暗くなった。


ホテルに戻るとそこには

なぞの生物?!
Edinburgh 083

じゃなくてただの大きめなリスでした。
写真がブレブレで残念。

ということでエジンバラ観光の1日は終わりです~。
割とあっさりでした。

次は湖水地方です。
スポンサーサイト


旅行 | 22:44:58 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
  こんばんは。
  やっぱり、イギリスはすごいですね~。お城に、宮殿、そして、王子様のようにさっと手を貸してくれる男の人!プチシンデレラの気分を味わえますね(だって、日本だったら、そんなスマートに親切にしてくれる男の人なんて、ツチノコ出現率と同じくらいいない)。
  そして、やっぱり気になったのが食!まさか、イギリスにシイタケがあったなんて!全然そういうイメージがなかったです。調理法は焼くぐらいしかないのかな?日本みたいにダシはとらないのかな?
2009-09-02 水 23:37:09 | URL | kuro [編集]
コメントありがとうございます♪
>kuroさん
そうなんですよ~。まさにプチシンデレラ気分v-353
でもその後男同士も助け合っていましたが・・・。
躊躇なく見ず知らずの人(しかも私は外国人)に手を貸せるっていうの
は、なかなか真似できないことだな~と思いました。

そう、基本的にはマッシュルームが多いんですが、
ここはShitakeでした。真っ黒でしたが(笑)
朝出てくるマッシュルームは焼いただけのものばかり。
味もほとんどついてないので、自分で塩コショウします。
たぶん乾燥させてダシをとるなんて発想はないんでしょうね~
きっと日本でのさまざまな使われ方をみたらビックリするでしょう。

2009-09-07 月 11:39:28 | URL | nekokan [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。